終了した観劇会の情報感想文を見るにはこちらをクリックしてください。



2020年

 6月

前進座
 『ひとごろし』
6月12日(金)〜13日(土) かでるホール  延期(日程は未定)
原作   :山本周五郎 台本・演出:十島英明 出演   :中嶋宏太郎      :渡会元之      :新村宗二郎      :上沢美咲
臆病者の双子六兵衛は、兄のせいで嫁げないと泣く妹のために、引受手のいない上意討ちに名乗りをあげた。果たして、剣豪へどう立ち向かうのか?強いものが弱いものに必ず勝てるわけではない。本当の強さとは__。役となり語り手ともなる4人の出演者たちが、楽器を奏で、音具を操り、人はもちろん馬や犬、蝉や鈴虫、風・雨・風鈴・幟までを演じきる。


 8月

加藤健一事務所
 『煙が目にしみる』
8月8日(土)〜9日(日) カナモトホール(札幌市民ホール)注:会場が、かでるホールからカナモトホールへ変更になりました。また9日(日)開演時間は13:00に変更しました。                                      
原案   :鈴置洋孝 脚本・演出:堤泰之 出演   :加藤健一       山本郁子       天宮良       新井康弘       加藤忍       尾身美詞       ほか、
田舎町の火葬場で出会った2人の男。頭には三角の布、手には数珠、全身白ずくめ。これから生まれて初めて(?)あの世に行くところ。ニコニコ手を振る年老いた母と、満開の桜に見送られ、見知らぬ世界への珍道中がスタート!


 10月

真野響子一人舞台
 『夏目漱石 夢十夜』
10月16日(金)〜17日(土) 道新ホール                                               
作    :夏目漱石 演出   :竹内晶子 出演   :真野響子
『夢十夜』は夏目漱石が明治の終わりに朝日新聞で連載した短編集。明治、神代、鎌倉、そして執筆時から100年後ごと、10の不思議な夢の世界が綴られる。美術や文学に造詣の深い真野響子が、演出の竹内晶子とがっちりとタッグを組み、一人語りとして、その美しく怪しい世界を描く。


12月

テアトルエコー
 『八月の人魚たち』
12月6日(日)〜7日(月) 道新ホール                                               
作 :J・ジョーンズ    N・ホープ    J・ウーテン 翻訳:鈴木小百合 演出:酒井洋子 出演:森澤早苗    杉村理加    渡辺真砂子    薬師寺種子    吉川亜紀子
毎年、夏の終わりに必ず集う5人の女性たち。ここで迎える仲間との週末は、とりとめのないおしゃべりが続くだけ。しかしここは、生涯の友情が確かに感じられる唯一の場所だった。


2月

文化座
 『シャボン玉』
2月22日(月)〜23日(火・祝) 道新ホール                                               
原作  :乃南アサ 作   :斉藤祐一 演出  :西川信廣 出演  :佐々木愛      津田二朗      酒井美智子      ほか
あての無いヒッチハイクを続ける孤独な青年・翔人は、宮崎県の辺境の村で老婆のスマと出会い、なぜか共同生活を始めることに。スマや純朴な村人たちとの交流によって、翔人は見失っていた本来の自分を取り戻してゆく。人生を励ましてくれる人間再生のドラマ。


4月

戦国TAPミュージカル
 『TAKEDA』
日程未定 道新ホール                                               
作・演出:赤堀二英 振付  :HIDEBOU 出演  :赤堀二英      HIDEBOU      ほか
時代の大きなうねりの中にいやおうなく巻き込まれ、それぞれの思いを胸に戦場へと向かう馬たちの姿を、タップダンスで演じる!!振り付けは映画『座頭市』(北野武監督)で、圧巻のシーンを作り上げたタップダンス界のレジェンドHIDEBOU(ヒデボウ)

表紙へ