終了した観劇会の情報感想文を見るにはこちらをクリックしてください。


2017年

12月

劇団俳優座 「七人の墓友」
12月8日(金)19:00、12月9日(土)14:00(託児有) 道新ホール
作 :鈴木聡(ラッパ屋)
演出:佐藤徹也   (オフィスクレッシェンド) 出演:清水直子    青山眉子    小笠原良知 ほか、
家に縛られない新しい墓の在り方を模索する お墓仲間「墓友」の物語を中心に、 「結婚しないアラフォー女性」 「長い長い老後」など、現代的で深刻な問題を 明るく、本音を交えてユーモラスに描きます。 笑いと涙と共感がたっぷりつまった作品です。

2018年
2月

劇団朋友 「ら・ら・ら」
2月23日(金)19:00、24日(土)13:00(託児有)・18:00 かでるホール
作 :太田善也 演出:黒岩亮 出演:原日出子    牛山茂    ほか、
平均年齢55歳超、お世辞にも上手とはいえない
コーラスグループ「あんだんて」。
練習の合間にするおしゃべりのネタは、
もっぱら定年を迎えた、あるいは迎えつつあるダンナの話。
コンクールを間近に迎えたある日、とんでもない事件が巻き起こる...。


4月

茂山千五郎家狂言 『清水』『濯ぎ川(すすぎがわ)』
4月6日(金)19:00、7日(土)14:00(託児有) 道新ホール
出演:茂山千五郎       茂山茂    茂山童司    松本薫    井口竜也    山下守之
江戸時代初期から、京都在中の狂言師の家としての歴史を持つ
茂山千五郎家。
十四代目の当主・千五郎を中心に、いつの世も、
どんな人からも広く愛され、飽きがこず、そして味わい深い
「お豆腐狂言」を目指しています。            
6月


劇団NLTプロデュース  『しあわせの雨傘』
6月21日(木)、22日(金) 道新ホール
作 :バリエ&グレディ 訳 :佐藤康 演出:鵜山仁 出演:賀来千香子    井上純一    永島敏行    遠野なぎこ    ほか、
大きな傘工場の経営者夫人シュザンヌ(賀来千香子)は専業主婦。
子育ても終わり、ポエムとジョギングが日課。
家事も仕事もしなくて良い、と夫に言われる”お飾りの妻”
となっていた彼女でしたが、実は素晴らしい実力があったのです。

8月
On7(オンナナ) 
 『その頬、熱線に焼かれ』
8月2日(木)、3日(金)、4日(土) かでるホール                 
作 :古川健      演出:日澤雄介 出演:安藤瞳    尾身美詞    小暮智美    渋谷はるか    保亜美    宮山知衣    吉田久美
歴史ある新劇5劇団(青年座、文学座、俳優座、演劇集団円、
テアトル・エコー)所属の女優7人が、
新たな可能性を求めプロデュース公演を行う演劇ユニット。
原爆によって顔にケロイドを負った女性たち「原爆乙女」の
悲劇と再生の物語。                              

10月
四獣(スーショウ) 
 『ワンダーガーデン』
10月26日(金)〜31日(水) ターミナルプラザことにパトス                        
作 :わかぎゑふ 演出:わかぎゑふ 出演:桂憲一    植本純米    大井靖彦    八代進一
日本人が「乙女」という価値観を持ち始めた大正〜昭和初期、
東京の端整な庭のある家で暮らす四姉妹が少女時代から、
恋愛、結婚、戦争などを体験し、成長していく...。
わかぎゑふが、劇団花組芝居の男優ユニット・四獣のために
書き下ろした作品。

12月
東京ヴォードヴィルショー 〜花組エキスプレス〜
 『あほんだらすけ30th』
12月21日(金)、22日(土) かでるホール                                 
出演:山口良一       たかはし等    大森ヒロシ    まいど豊    ほか、
テレビショッピングのパロディー、ヒーローもの、ショートコント、
オカマちゃんの純愛物語風ドラマ、30分くらいの人情喜劇、
ムード歌謡のバンドのコーナー、ダンスなど。
1日のテレビ欄をギュウッと詰め込んだようなオムニバス・コメディ!


表紙へ