終了した観劇会の情報感想文を見るにはこちらをクリックしてください。


2017年

6月

プレオム劇 『隣寸-多恵子伯母のささやかな冒険』
 〜「燐寸(マッチ)」が象徴する切なくも哀しい、
                 そしておかしなおかしな人間喜劇〜
6月23日(金)〜24日(土) かでるホール

作・演出 中島淳彦
出演 矢野陽子
   大西多摩恵
   福島マリコ
      小林美江
   馬場奈津美
   ほか、


九州で一人暮らしの年老いた伯母・多恵子が入院したと、
妹の娘達に連絡が入る。胃潰瘍と医者から言われたが、
看護師の会話から胃癌だと思い込み、長年の確執のある妹を
待ちわびる多恵子。しかし駆け付けたのは妹の娘たち。
妹を待ちわびながら、一方で心を閉ざしている多恵子伯母。
二人の間に何があったのか。
 入院患者、医者、看護師たち、ユニークな人々とともに織り
なすハートフルな喜劇。劇団ハートランドで好評を博した
演目が、同じキャストで作られた「プレオム劇」の公演として
上演され
ます。


8月

プリエールプロデュース 『世襲戦隊 カゾクマン』
  〜ヒーローだって人間なのだ!可笑しくも真面目な"家族劇"〜
日程未定 道新ホール
作・演出 田村孝裕(ONEOR8)
出演 山口良一
   熊谷真実
   曽世海司
   梨澤慧似子
   芋洗坂係長
   上田桃子
   岡田達也
   西山水木
   ほか、
世襲制で悪と戦い続けてきた家族、
世襲戦隊「カゾクマン」。
町のどこかに必ずいるであろう家族なのに
ヒーロー、そこに生まれる葛藤に悩みつつ、
今日も悪と戦っています。
 家族劇に定評のある田村氏により
生み出された、戦隊ヒーローもの
でありながら、実は身近な家族の物語。
大笑いしながら、家族について思いをはせる
のもよいかもしれません。


10月

タップダンスエンターテインメントユニット 「TAP DO!」
10月13日(金)〜14日(土) 道新ホール
作:TAP DO 演出・構成 ポケ 出演:未定
「TAP DO!」はタップダンスを中心に、歌・パーカッション・
楽器演奏・ジャグリング・芝居などのエンターテインメントを
融合・提供し続けています。
 タップダンサーやミュージカル俳優が集まったユニットです。
パフォーマー4名とミュージシャン3名が在籍していますが、
みんなプレイヤーであると同時に振付や演出、脚本などを担当
して自分たちでショーをつくっています。
 そのステージは、タップダンスなのに笑えるショーです。
歌やバトントワリング、ジャグリング、パントマイムなどを
盛り込みながら、エンターテインメントをコメディ仕立てで
届けてくれます。
 外国公演もおこない、「笑いの配達人」を任じながら、
年齢や世代、国籍も超えて、たくさんの人が心から笑って楽しめる
ショーを展開しています。

12月

劇団俳優座 「七人の墓友」
12月8日(金)〜9日(土) 道新ホール
作 :鈴木聡(ラッパ屋)
演出:佐藤徹也   (オフィスクレッシェンド) 出演:清水直子    青山眉子    小笠原良知 ほか、
家に縛られない新しい墓の在り方を模索する
お墓仲間「墓友」の物語を中心に、
「結婚しないアラフォー女性」
「長い長い老後」など、現代的で深刻な問題を
明るく、本音を交えてユーモラスに描きます。
笑いと涙と共感がたっぷりつまった作品です。

2018年
2月

劇団朋友 「ら・ら・ら」
2月23日(金)〜24日(土) かでるホール
作 :大田善也 演出:黒岩亮 出演:原日出子    牛山茂    ほか、
平均年齢55歳超、お世辞にも上手とはいえない
コーラスグループ「あんだんて」。
練習の合間にするおしゃべりのネタは、もっぱら定年を迎えた、
あるいは迎えつつあるダンナの話。
コンクールを間近に迎えたある日、とんでもない事件が巻き
起こる...。

表紙へ